円高、円安とは何か

日々のニュースなどでも、生活の中での景気や経済動向の話題になれば、円高と円安という単語がよく出てくると思います。
学校の授業などでも取り上げられはしますが、これが実際どのようなものであるのかは、理解することがなかなか難しいと思います。

しかし、FXなどの通貨を使った投資取引を行う上では、この円高、円安というものの理解をしておかなくては、大きな損失を被ってしまう事もありますので、その仕組みを把握しておく必要があります。

ニュースなどで扱われる、為替相場の話題は、世界で一番流通しているアメリカの米ドルと、日本の円を取り上げていますので、まずはこの米ドルと円の関係を理解するのがいいでしょう。

円高とは、円が高い価値を持ち高い価格になっている、という事を指しています。これは同時に米ドルとの為替相場になっているので、細かく言えば「ドル安円高」、つまり、米ドルの価格が安く、円の価格が高い、という事を指しています。

これとは逆に円安の状態であれば、円が安い価値になりやすい価格になっている、という形になりますので、「ドル高円安」、つまり、米ドルが高く、円が安くなっている、という事になるのです。

たとえば1ドル100円という為替相場があるとします。

この状態から1ドルが50円になる事を、円高、つまり、ドル安円高と言います。
これは、1ドルの価値が100円から50円に下がってしまったためで、これはドルが安くなっていることになります。
同時に、先ほどまでは100円で1ドルだった円の価値は、100円で2ドルになりますので、円が高くなったことになります。
こうしたことから、ドルが安くなり円が高くなる、ドル安円高となるわけです。

逆に、この相場が1ドル200円なることを円安、つまり、ドル高円安と言います。
先ほどと違い、1ドルの価値が100円から200円に上がるために、ドルが高くなっていることになります。
同時に、1ドル100円だった円の価値は、100円で0.5ドルになりますので、円が安くなっていることになります。
これにより、ドルが高くなり円が安くなり、ドル高円安になるのです。

為替相場では、米ドルを基準にして表示をしますので、円の数値が小さくなると円高、大きくなると円安というトリックで解りにくくなってしまいますが、1ドルを手に入れるのに50円で済むのか、それとも200円が必要になるのか、ということで、円の価値が高いのか、それとも安いのか、という言い表し方になっているわけです。


[c] 指値.com