FX取引ではプロの投資家に絶対に勝てない?

 FX取引には多くのプロのトレーダーが参加しています。そのイメージがあまりに強すぎるため、素人で儲けるのは無理だとあきらめている人も多いのではないでしょうか?

でも、じつはFX取引は初心者でも意外と簡単に儲けられてしまう投資なんです!

たしかに、プロトレーダーには知識やテクニックでは絶対にかないません。経験も実績も素人にはとうていおよばない人たちばかりです。

ただし、プロと素人ではまったく条件が違う、ということも忘れてはいけません。

たとえば、プロ野球で考えてみましょう。プロ野球というのは、1シーズンで半年以上にわたって140試合を行います。このなかで、3割以上のヒットを打ったり、二桁のホームランを打たなければ、一流とは認められない世界です。

でも、素人ならたまに参加する草野球でホームランを打てば、一気にヒーローになれますよね?

これと同じことが、FX取引にもいえるんです。

プロの投資家というのは、基本的に365日いつでも休みなく取引を続けています。そうでなければ、他人から預かった資金を運用していくことができません。ところが、相場というのはけっしていつでも利益を出しやすい状態にあるわけではありません。乱高下が激しかったり、逆にほとんど相場が動かないようなときには、FX取引で利益を出すのはかなり難しくなってしまいます。

しかし、一般のトレーダーならどうでしょうか?

自分の資金を運用しているだけなら、わざわざ相場が難しい状態のときに参加する必要はありません。たまたまチャンスだという状態になったら、そこだけピンポイントで参加すればいいんです!

つまり、それだけ素人のほうが利益を出すハードルは低いわけなんです!

あとは、どれだけ利益を出しやすい相場をうまく見つけられるようになるか、ということがポイントになります。

カギとなるのは、トレンドです。たとえば、現在であれば円高が大きく進んでいますよね。このように、どちらか一方に動きやすい相場では、当然のことながら予想もしやすくなります。

そして、そのヒントは世界のニュースから知ることができます。

たとえば、今回イギリスがEUから離脱したことで、ポンドやユーロは大きく下落し、円高がますます進みました。このように、その国の状態が悪くなればなるほど通貨の価値が下がり、よくなれば上がるのがFXの基本です。

これくらいのニュースなら、テレビやネットを見ているだけでも十分に知ることができるものばかりですよね!

このように、素人でもトレンドさえしっかり押さえておけば、FX取引で儲けることはそれほど難しいことではありません。

今後の相場については、アメリカの利上げがきっかけで円安トレンドに変わると見られています。しかし、イギリスのEU離脱の影響もあって、6月の雇用統計が好調だったにもかかわらず、そのタイミングはまだ来年以降になるとも言われています。みなさんもこの絶好のチャンスに、ぜひFX取引を始めてみませんか!


[c] 指値.com