スプレッドの値で利益のも差が出てくる

sdf78fu FXの取引において、スプレッドの値はとても重要です。スプレッドの値で利益のも差が出てくるので、コストの安いFX業者で取引をしたほうがお得ですよね。実はハイロー.netでもスプレッド取引ができるようになっています。近年、どこのFX業者もスプレッドの値は減少しているように思います。そうなると、信頼できて手数料が無料でスプレッドの安いFX取引業者を念頭に探しすことがポイントとなってきますね。

米ドル・円といったメジャーな通貨ペアほどスプレッド幅は小さく、あんまり取引をする人がいないマイナーな組み合わせほどスプレッドは大きめに取っている業者が多いようですが、スプレッドというのは業者ごとに好きなように決定することが認められているので、自分の取引回数が多い通貨を基準に考えてFX業者を選ぶのもいいと思います。お客様集めのため、スプレッドを低く設定していますが、スプレッドが低いからといってFX業者の収益が減るというのが事実だとは言えないようです。

FXは通常、手数料以外にスプレッド幅(すなわち買い値と売り値の差額)という取引費用が各取引ごとにかかるのですが、最近では手数料0円でスプレッド幅が小さい会社が増えてきているので、スプレッドが小さく固定型スプレッドを採っているFX会社がコストの面で有利であるというわけです。

スプレッドが小さいとういことを利用して成行注文で利益を得る方法があります。成行注文ではタイムラグが発生してしまい、多少注文した時点と実際の取引きの値との差が生まれる場合もありますが、利益が出たところで、さっさっと決済できてしまうのも成行注文の良いところです。この場合、チャートを分析して、今すぐ取引して利益確定できる自信がある場合などや、相場が一定の間隔を上下している場合などは成功しやすいと思います。

成行注文ではスリッページというのは、FX注文において成行注文をした場合に、パソコン上に表示になっているレートと実際に売買が確定と到達したレートとの間にずれが出てくることが問題となりますが、そこは落ち着いて売買ボタンをクリックタイミングを計りながら押すことでしか対処できない面はありますが、為替が動いている以上避けては通れない状況だと思います。

その状況をどうしても避けたい場合は、事前に価格の決定をして自動的に注文をする指値注文という注文方法をおすすめします。FXの自動売買機能においては、価格を設定した後にでも何回でも訂正できるので、何回も設定し直して指値注文での取引をすることも可能ですし、スリッページを気にせず今すぐ利益確定する成行注文でも、その時の状況で成行注文と指値注文を使いわけるのもいいと思います。


[c] 指値.com